クレジットカードと信用供与

クレジットカードは手元に現金がなくても、好きな商品を買ったり、食事をすることができます。
まるで魔法の杖のようにも思えるのですが、それにしても、どうしてクレジットカードで買い物や食事ができるのでしょうか。
それは、クレジットカードのクレジットが信用を意味しているように、
利用者の信用に基づいて利用者とカード会社の間に契約が結ばれ、カード会社が信用供与をしているからです。

クレジットカードを利用することはカード会社から一定期間、
信用を供与されていることを意味し、信用を担保にみなが支えあっているのです。
この信用関係をもう少し詳しく述べてみましょう。
まず、利用者が代金を引き落とし日までに銀行に入金するという加盟店との信用のもとで、
キャッシュレスで買い物や食事をします。その間、カード会員の利用代金はカード会社が
会員との信用のもとで立て替えて加盟店に払います。

その代わりに加盟店は、信用の証として、手数料を支払うといった仕組みになっています。
加盟店にとっては、カード決済だと手数料分だけ儲けが少なくなるわけですが、
今、現金がないから買い物はやめようというケースを少なくできて売り上げを増やせます。
カードを持っているとつい財布の紐が緩むので、そのメリットは手数料分を差し引いてもいいほどに大きいのです。
ただやみくもにクレジットとカードを使えば経済的な圧迫を生む原因になります。
自分の収入に合ったクレジットカードを発行することは重要です。

学生や主婦、あるいはフリーター等でも現在作りやすいと思うクレジットカードを選択することで、
カードの使いすぎを防ぎ、家計や経済状況に応じてポイント還元サービスや割引特典を
上手に組み合わせて、賢いクレジットヒストリーの構築に役立てることが出来ます。
無理をして銀行系のカードを発行し酔うとするのではなく、流通系のカードを発行し、
うまく使えば上級カードのインビテーションが届き、ゴールドやプラチナといった
ステータスカードを使えるようになるかもしれませんね。